不動産投資アーカイブズ >  不動産投資の基礎知識  >  不動産投資信託(REIT)
ADVERTISEMENT 競売不動産はもう古い! 本当においしい不動産投資法
競売不動産よりもさらに高利回りの投資用不動産を購入できる任意売却。私はこの方法で、2年で3億の不動産を購入し、 年収約4,000万円、利回り約14%を実現しています。 www.yamani-trust.com

不動産投資信託(REIT)

 投資家から集めた資金をオフィスビルやマンションなどの不動産に投資し、それらの物件から得られた賃貸収益や売却益などを配当金として投資家に分配する金融商品のこと。

 米国では1960年に誕生し、Real Estate Investment Trust、略してREIT(リート)と呼ばれ、日本でもこれにならって「日本版REIT」や、「J-REIT」、または単に「REIT」と呼ばれます。

 株式投信などの運用対象が不動産になったものと考えるとわかりやすく、東京証券取引所に上場しているREITは株式などと同様に日々の市場で取引されます。株式の価格に相当するものを「投資口価格」といい、REITの「投資口」を買うには、上場企業の株式を購入するときと同様に、証券会社を通じて証券取引所に買い注文を出す必要があります。


 REITには「会社型」と「契約型」の2種類があり、投資信託の仕組みとして何を使うかの違いで分類されます。

 「会社型」は投資法人を使ったREITの仕組みで、投資法人は投資口を発行して投資家から資金を調達します。また投資法人は一定の要件(配当可能利益の90%以上を投資家に配当する等)を満たすことで法人税が実質非課税扱いとなります。

 「契約型」は信託銀行の信託勘定を利用したREITで、投資信託委託業者が運用指図する「委託者指図型」と、信託銀行が独自の判断で運用する「委託者非指図型」があります。

 現在、REITの組成を計画しているものの多くは「会社型」のスキームが使われています。


【関連記事】


【ソーシャルブックマーク】


【キーワード】

不動産投資信託,REIT,投資口,投資口価格,会社型,契約型,投資法人,委託者指図型,委託者非指図型,



【トラックバック】


Posted at 09/03/27 13:03 | Edit

前の記事を読む |  次の記事を読む |  [不動産投資の基礎知識]の一覧を表示 | 
ADVERTISEMENT 競売不動産はもう古い! 本当においしい不動産投資法
競売不動産よりもさらに高利回りの投資用不動産を購入できる任意売却。私はこの方法で、2年で3億の不動産を購入し、 年収約4,000万円、利回り約14%を実現しています。 www.yamani-trust.com
 不動産投資アーカイブズ >  不動産投資の基礎知識  >  不動産投資信託(REIT)

コメントを投稿

(コメントはサイト運営者の承認後、表示されます。)






このエントリーのトラックバックURL http://yamani.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/7206

関連RSS