不動産投資アーカイブズ >  不動産投資の基礎知識  >  公図
ADVERTISEMENT 競売不動産はもう古い! 本当においしい不動産投資法
競売不動産よりもさらに高利回りの投資用不動産を購入できる任意売却。私はこの方法で、2年で3億の不動産を購入し、 年収約4,000万円、利回り約14%を実現しています。 www.yamani-trust.com

公図

日本経済新聞07/03/08「きょうのことば」より

登記所に備え付けられた「地図に準ずる図面」のことで、土地の大まかな位置や形状を示す。不動産登記法では、土地の境界を明確にするため、正確な測量にもとづく地図を登記所に備え付けるよう定めている。その地図が整うまでの暫定措置として、公図が使われている。

公図の多くは明治時代の地租改正に伴い作成されたもの。法律上の効力はないが、不動産取引の際の参考資料として使われたり、訴訟で有効な証拠資料になったりすることもある。地方自治体は公図を正確な地図へ置き換える「地積調査」をすすめているが、地権者の利害に絡むことが多く進んでいない。

登記所に備え付けられている地図の状況について、2005年4月時点では、総枚数646.5万枚のうち、正確な地図が56%、公図(地図に準ずる図面)が44%とのこと。この問題は、引用文に言及されている点の他、都市部の方が土地が細分化されていること、測量費用が膨大にかかること、などから、なかなか進展が見られていない。

ちなみに、吉田の主な活動範囲の横浜市では、地域によって公図の縮尺が1/500であったり、1/600であったりするが、前者の場合は実際の寸法と大きな差異はないことが多い。後者は大体の感じがつかめる程度。


【関連記事】


【ソーシャルブックマーク】


【キーワード】

公図,登記所,不動産登記法,境界,地積調査,



【トラックバック】


Posted at 07/03/11 20:03 | Edit

前の記事を読む |  次の記事を読む |  [不動産投資の基礎知識]の一覧を表示 | 
ADVERTISEMENT 競売不動産はもう古い! 本当においしい不動産投資法
競売不動産よりもさらに高利回りの投資用不動産を購入できる任意売却。私はこの方法で、2年で3億の不動産を購入し、 年収約4,000万円、利回り約14%を実現しています。 www.yamani-trust.com
 不動産投資アーカイブズ >  不動産投資の基礎知識  >  公図

コメントを投稿

(コメントはサイト運営者の承認後、表示されます。)






このエントリーのトラックバックURL http://yamani.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/29

関連RSS