不動産投資アーカイブズ >  不動産投資の基礎知識

カテゴリの一覧

メルマガの登録

競売不動産はもう古い! 本当においしい
不動産投資法
   

バックナンバー powered by まぐまぐ

ソーシャルブックマーク

分室

役立つリンク

[不動産投資アーカイブズ] - [不動産投資の基礎知識]の一覧

不動産投資の基礎知識(全16件)
09/04/30 確認・許可・認定・認可
確認・許可・認定・認可の違いです。
09/04/14 請負・委任
「請負」では業務を完成させなければ報酬の請求ができませんが、「委任」ではたとえ業務が完成しなくとも、業務を遂行した割合に応じて報酬を請求できる場合があります。
09/04/03 鉄骨造・重量鉄骨造・軽量鉄骨造
「鉄骨造」には「軽量鉄骨造」も「重量鉄骨造」も含まれ、「鉄骨造」=「重量鉄骨造」と解釈すると間違いが多々発生します。
09/03/31 政令・省令・条例
政令・省令・条例の違いについて説明します。
09/03/27 不動産投資信託(REIT)
「不動産投資信託(REIT)」とは、投資家から集めた資金を不動産に投資し、それらの物件から得られた収益を配当金として投資家に分配する金融商品のことです。
09/03/25 コンストラクションマネージメント(CM)
建築コストの透明性を確保し、投資効率を見据えて収益価値に見合った投資額で合理的に建設事業を遂行することをコンストラクションマネージメント(CM)といいます。
09/03/23 「署名」と「記名」の違い
「署名」とは契約者本人が自筆で書くこと、「記名」とは、自筆以外の方法で氏名を記載することをいいます。
07/12/12 公示送達
公示送達とは、裁判所が公示を行うことをもって、相手方に対する意思表示が到達したとみなしてくれる制度です。
07/11/14 小規模宅地等の特例
相続税を減額する制度の一つとして「小規模宅地の特例」というものがあります。知らないと損します。
07/09/22 基準地価
基準地価とは、都道府県が不動産鑑定士の評価を参考に毎年7月1日時点で調査する、土地を最も有効に活用した場合を想定た場合の評価額です。
07/05/02 オフィス賃料
オフィス賃料には「募集賃料」と「成約賃料」の2つがあります。都心部では坪6.5万円の募集賃料の物件も出現です。
07/04/19 筆界未定
公図における筆界未定とは、国土調査の際に境界が確定されなかったことによるもので、公図上で筆界が明示されない不便なものです。しかしながら、つぎのような調査方法で土地のおおよその形状を把握することはできます。
07/03/24 公示地価
「公示地価」が16年ぶりにプラスに転じました。「公示地価」は、最も代表的な公的な地価ですが、それには他にも「基準地地価」「路線価」「固定資産税評価額」などがあります。
07/03/15 筆界特定制度
筆界特定制度によって、土地の筆の境をはっきりさせることができます。ただし、それは必ずしも所有権の範囲をはっきりさせる訳ではありません。
07/03/11 公図
公図とは、登記所に備え付けられた「地図に準ずる図面」のことで、土地の大まかな位置や形状を示す。
07/03/10 『不動産投資の基礎知識』はじまりのごあいさつ
『不動産投資の基礎知識』編では、単なる不動産用語の解説にとどまらず、「その概念を不動産投資にいかに生かすのか?」という観点でコメントを加えていきます
前のカテゴリは不動産投資ニュースです。 次のカテゴリは書評編です。

関連RSS

 不動産投資アーカイブズ >  不動産投資の基礎知識