不動産投資アーカイブズ >  不動産投資ニュース  >  住宅ローンの破綻で任意売却・競売が急増しています
ADVERTISEMENT 競売不動産はもう古い! 本当においしい不動産投資法
競売不動産よりもさらに高利回りの投資用不動産を購入できる任意売却。私はこの方法で、2年で3億の不動産を購入し、 年収約4,000万円、利回り約14%を実現しています。 www.yamani-trust.com

住宅ローンの破綻で任意売却・競売が急増しています

 「百年に一度の経済危機」下、住宅ローンの破綻による競売、任意売却が急増し、東京地裁本庁の今年の期間入札は前年比7割増の3400件にまで膨らむ勢いです。以下、「週刊住宅」(2009/6/15 http://www.shukan-jutaku.com/search/article.php?article_id=30889)より引用。

不況で住宅ローンの返済に行き詰まり、マイホームを競売や任売で手離す人が増えている。競売に詳しいワイズ不動産投資顧問の試算によると、東京地裁本庁の今年の期間入札は前年比7割増となる3000件超まで膨らむ可能性もある。賃金上昇が前提だったり、ボーナスに依存した借り入れがたたるケースも目立ち、住宅取得後の資金計画の甘さがローン破たんを生み出している現状がある。

(中略)

住宅ローン破たんも昨年から表面化し始めた。ワイズ不動産投資顧問によると、2008年に東京地裁本庁が実施した期間入札は1962件(前年比8%増)だった。これを物件種別で見ると、マンションが全体の7割近くを占め07年の5割から大きく増えている。

 「(08年は)個人所有と思われる築浅マンションが多く出たのが特徴」とは同社の山田純男社長。今年5月までの期間入札はすでに1179件にのぼっていることから「年間ベースでは3400件ぐらいになるのでは」と競売急増の可能性を示唆する。

 ローンの焦げ付きが目立ちはじめた背景は金融危機に端を発した景気後退だ。賃金カットや勤め先の倒産で、支払能力が低下した債務者が増えたことは5%台にのぼる4月の完全失業率からも読み取れる。競売増と比例して、水面下での任意売却も増加傾向にあると見られる。

 近年、民間金融機関は「リテール強化」の大号令のもと、住宅ローン金利の引き下げや"0.5次層"とまでささやかれた低所得者層にまで積極的な融資を行ってきた。こうした歪みが今、競売物件の増加という形で少しずつ現われ始めている。

 また、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)によれば、2008年度に競売にかけられた住宅は、07年度より35%多い1万6577件。02年度以降で最多だったそうです。

昨年秋の「リーマンショック」に端を発する不況で住宅ローンの返済に行き詰まり、マイホームを競売で手放す傾向が強まっている。

  住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)によると、2008年度に競売にかけられた住宅は、07年度より35%多い1万6577件。02年度以降で最多だった。ボーナスの減少をきっかけに6月は物件の差し押さえが増える公算も大きく、ローン破綻(はたん)の続出を避けたい金融機関も対応策に乗り出した。

  同支援機構は、国内の住宅ローン残高約180兆円のうち約20%を保有する大口の貸し手だ。競売件数が増えた理由について同支援機構には「07年の独立行政法人への移行後、専門会社に委託した債権回収業務が回り始めたため」との声もある。

  ただ、最近の競売物件には不良債権化した不動産が目立つだけに、背景に「リーマンショック」の余波があるのは間違いない。不動産競売の分析と情報公開を手がける不動産競売流通協会(吉村光司代表理事)によると、08年初めから増え始めた全国の競売件数は、昨年9月以降急増し、この1年で約2倍に増えた。

  特に、愛知県では戸建て住宅の競売が約7倍に増えるなど、トヨタ自動車グループ関連など地元企業の業績悪化がもろに影を落とした格好だ。

  ローン返済が滞った物件は民間の不動産再販売業者を通じて売却先を探し、見つからなければ競売処理されるのが一般的だ。しかし最近、金融機関が売却物件を買い取る不動産業者への融資を絞ったことから、直接競売にかけられるケースも珍しくない。これが「競売物件の増加」(吉村代表理事)に拍車をかけているという。

*神奈川県宅地建物取引業協会横浜西部支部ホームページ「最新情報」
(http://www.yokohama-seibu.jp/topics/topics-018.html)より。

 大規模な不況下で、任意売却市場、競売市場が動きます。おいしい不動産をねらう方には買いの時期の到来です。


【関連記事】


【ソーシャルブックマーク】


【キーワード】

任意売却,競売,住宅ローン,破綻,



【トラックバック】


Posted at 09/06/20 12:06 | Edit

前の記事を読む |   |  [不動産投資ニュース]の一覧を表示 | 
ADVERTISEMENT 競売不動産はもう古い! 本当においしい不動産投資法
競売不動産よりもさらに高利回りの投資用不動産を購入できる任意売却。私はこの方法で、2年で3億の不動産を購入し、 年収約4,000万円、利回り約14%を実現しています。 www.yamani-trust.com
 不動産投資アーカイブズ >  不動産投資ニュース  >  住宅ローンの破綻で任意売却・競売が急増しています

コメントを投稿

(コメントはサイト運営者の承認後、表示されます。)






このエントリーのトラックバックURL http://yamani.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/7271

関連RSS