不動産投資アーカイブズ >  不動産投資ニュース  >  担保不動産迅速に処分 競売前の『任意売却』手続き簡素化
ADVERTISEMENT 競売不動産はもう古い! 本当においしい不動産投資法
競売不動産よりもさらに高利回りの投資用不動産を購入できる任意売却。私はこの方法で、2年で3億の不動産を購入し、 年収約4,000万円、利回り約14%を実現しています。 www.yamani-trust.com

担保不動産迅速に処分 競売前の『任意売却』手続き簡素化

2008.6.3付け日経新聞に、
「担保不動産迅速に処分 競売前の『任意売却』手続き簡素化
自民調査会方針」

と題する、次ぎのような記事がありました。

 自民党の司法制度調査会(臼井日出男会長)は二日、担保不動産の処分を巡って、裁判所による競売にかける前に民間主導で売却する「任意売却」の手続きを簡素化する方針を固めた。担保権者全員の同意がなくても、すべての抵当権を抹消し、売却できる制度を導入する。地価の調整局面入りを受けて、売却手続きに手間取り、価値が下がる例も増えているため、制度改正で迅速な処分を促す。次期国会で関連法案の提出を目指す。

 任意売却は、、銀行など民間仲介者が入つて借金の担保になっている不動産を売却すること。最終的に裁判所による競売にかけるよりも処理期間が短く、債権回収率が高いのが特徴だ。

 現行制度では担保権者全員が同意するまでは任意売却できない。上位の担保権者が売却に賛成でも、順位が後のものが反対し、同意の条件として法外な金を要求するトラブルも起こっている。

 検討中の新制度では、担保権者の大半が同意したにもかかわらず、一部の同意を得られず売却できない場合、所有者や売却に同意した担保権者が裁判所に抵当権抹消の許可申し立てをできるようにする。

 同意しなかった担保権者が一定期間内に自らの担保権に基づく競売を申し立てないか、独自の売却先を申し出ない限り、裁判所が任意売却を認める方向だ。

 自民党は民間主導の任意売却を促進し、裁判所がかかわる競売数を減らすなどして競売手続きの効率化を狙う。党司法制度調査会の「明るい競売プロジェクトチーム」(佐藤剛男座長)が新制度の具体案を検討。与党内調整の後、民主党など野党との協議も踏まえ、次期国会に法案を提出する方針だ。

 皆さんはこの記事をどのように受け取りますか?

 任意売却の手続き上のハードルが下がるため、一見、良いニュースの様に見えます。

 しかしながら、手続が簡単になるということは新規参入も増えるということで、任意売却市場の相場は高騰することになるでしょう。

 未開の市場でおいしい不動産を手に入れるか、開拓された市場でうまみの薄くなった不動産を手に入れるか。

 前者を手に入れたい方は、記事にある制度が現実化される前に、行動に移りましょう。

 任意売却に関する書籍は こちらのページ で紹介していますので、参考にして下さい。


【関連記事】


【ソーシャルブックマーク】


【キーワード】

任意,売却,競売,簡素化,手続,担保,不動産,同意,



【トラックバック】


Posted at 08/08/05 10:08 | Edit

前の記事を読む |  次の記事を読む |  [不動産投資ニュース]の一覧を表示 | 
ADVERTISEMENT 競売不動産はもう古い! 本当においしい不動産投資法
競売不動産よりもさらに高利回りの投資用不動産を購入できる任意売却。私はこの方法で、2年で3億の不動産を購入し、 年収約4,000万円、利回り約14%を実現しています。 www.yamani-trust.com
 不動産投資アーカイブズ >  不動産投資ニュース  >  担保不動産迅速に処分 競売前の『任意売却』手続き簡素化

コメントを投稿

(コメントはサイト運営者の承認後、表示されます。)






このエントリーのトラックバックURL http://yamani.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6340

関連RSS