不動産投資アーカイブズ >  任意売却 基礎編  >  任意売却で先行者利益が得られるタイムリミット
ADVERTISEMENT 競売不動産はもう古い! 本当においしい不動産投資法
競売不動産よりもさらに高利回りの投資用不動産を購入できる任意売却。私はこの方法で、2年で3億の不動産を購入し、 年収約4,000万円、利回り約14%を実現しています。 www.yamani-trust.com

任意売却で先行者利益が得られるタイムリミット

皆さんこんにちは、吉田です。

今回は、「任意売却でおいしい不動産が購入できなくなる日」についてお話しします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■   任意売却で先行者利益が得られるタイムリミット   ■
  ■                            ■
  ■   ~任意売却市場と一般市場の境界がなくなる日~   ■
  ■                            ■
  ■          (基礎編006)          ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

任意売却と一般の不動産取引は、どちらも「任意での売買」ですから、その本質において大きな差はありません。では、なぜ任意売却は"プロのメシのタネ"のままなのでしょうか。それは買う側はもとより売る側(債務者)がその方法を知らないということが大きな理由となっています。

じつは、競売よりも任意売却で不動産を処分した方が債務者にとってはるかにメリットがあるのですが、ほとんどの債務者はそのことを知らないため、債権者のいいなりになって競売に持ち込まれています。

債務者のメリットに関して簡単にあげると次のとおりです。
 1.任意売却ならば何らかの名目で金銭を自分に残すことが可能。
        →競売では一銭も自分のふところには入りません。
 2.売却価格が交渉可能。
        →競売では全く不可能。
 3.親戚や関係者など、売却先の選択に自分の意志を反映できる。
        →競売では選択の余地は一切ありません。
 4.周り近所に知られずに売却できる。
        →競売では3点セットで詳細まで公表されます。

詳しい説明は別の機会にゆずりますが、任意売却のメリットは買い主よりもむしろ売り主にとっての方が大きいといえます。

これらのメリットが債務者にとって常識となった時、任意売却は一気に常識化します。

任意売却が常識化すると、一般市場と任意売却市場の境界はほとんどなくなります。そしてそれに呼応して、競売市場は急速に縮小していきます。

私がサイトを開設した6/28時点でのgoogleでの「任意売却」の検索結果は81万5千件でした。今はそれが86万2千件(10/26時点)で、約4ヶ月の間に4万7千件も増えています。
       ( http://www.yamani-trust.com/ で確認してみて下さい)

任意売却の情報はどんどん増えています。任意売却が常識化しつつあります。任意売却市場と一般市場の境界がなくなる日、その日は任意売却市場でおいしい不動産が購入できなくなる日でもあります。

任意売却市場で先行者利益を得たい人は、一日も早くそのノウハウを手に入れ、実際に行動に移ることをオススメします。

任意売却で先行者利益を得られるタイムリミットは、それほど先の話ではありません。

        任意売却のノウハウの購入はこちらから

           ↓     ↓    ↓

          http://www.yamani-trust.com/


では、次回。


【関連記事】


【ソーシャルブックマーク】


【キーワード】

任意売却,一般,市場,境界,タイムリミット,



【トラックバック】


Posted at 06/10/27 18:10 | Edit

前の記事を読む |   |  [任意売却 基礎編]の一覧を表示 | 
ADVERTISEMENT 競売不動産はもう古い! 本当においしい不動産投資法
競売不動産よりもさらに高利回りの投資用不動産を購入できる任意売却。私はこの方法で、2年で3億の不動産を購入し、 年収約4,000万円、利回り約14%を実現しています。 www.yamani-trust.com
 不動産投資アーカイブズ >  任意売却 基礎編  >  任意売却で先行者利益が得られるタイムリミット

コメントを投稿

(コメントはサイト運営者の承認後、表示されます。)






このエントリーのトラックバックURL http://yamani.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/16

関連RSS